ベビーシッター

働き方

家事代行・ベビーシッターを6年利用してみて良かったこと・悪かったこと

2009年の春から、家事代行・ベビーシッターを使い出して6年経過しました。

下の子供が小学校に入ったので、備忘録的に良かったこと・悪かったこと、費用面をまとめてみたいと思います。

※ベビーシッター代を月2万出せば的な話題が収束したようなので、、、

■ベビーシッター・家事代行を頼んだ経緯

運良く公立認可園の0歳児保育に入園できることになったのですが、我が家はフルタイム共働きなので、0歳児のお迎え時間18時15分に到底間に合いません。当時私の会社の定時は18時で通勤45分、妻の会社も18時で通勤30分。0歳児の間は延長保育が認めらません。

そこで、家事代行・シッターサービスを探して、どちらもやってくれる今の業者と契約しました。

シッターさんには18時15分に保育園にお迎えに行ってもらい、連れて帰ってもらう様にしました。

■ベビーシッター・家事代行を頼んでよかった点

当たり前ですが、ベビーシッターさんが来て頂けている間は定時を気にせず働けるので、精神面ですごく楽です。

家事代行もやっていただける業者さんなので、晩御飯も作ってもらい、余った時間で掃除もお願いしています。

掃除の手間や晩御飯の手間を考えると本当に気が楽ですし、小学生(現在中学生)の上の子についても夕方早い時間に晩御飯が食べられることになり、早寝ができるようになりました。

■定期的にベビーシッター・家事代行を使う点でのメリット

定期契約なので、突発的なイベントでシッターさんを頼まなければいけないという時に、いつも来て頂いているシッターさんの都合が合えばその人が、事前の顔合わせや鍵の受け渡しなしでスポット利用できることはすごくメリットでした。

事前の顔合わせや鍵の受け渡しは本来頼む日の前に別日程を組まないといけないので、ベビーシッター・家事代行を頼む一つの障壁になっています。

また、定期的に利用しているので事業者としてもいつもの人が都合つかなくても、事業者の中で共有してくれて鍵の受け渡しも、我が家の状況も把握しているので色々スムーズです。

たとえば、去年の12月実際我が家であった事例ですが、私が不在、妻が急遽休日出勤をしなければいけなくなり、スポット依頼をしました。

いつもの人が都合がつかなかったので、違う人が来たのですが、ついでに台所の大掃除と下の子のお昼と様子見をお願いしました。(上の子は部活で一日いない)

台所の大掃除と下の子のお昼とシッティングをしてもらうという使い方をしましたが、この件にかぎらず、妻と二人で買い物に行くから下の子をみてもらうとかそういう利用もよくやっていました。

■費用的なところ

ひと月2万円程度シッターに払えば(以下略)で大炎上していましたが、我家の場合は次のようになっています。

・2009年5月~2010年3月:週5日、1日2時間で104,000円/月(20日標準)

・2010年4月~2015年3月:週1日、1日2時間で23,040円/月(月4回利用)

最初の1年は0歳児が保育園の延長保育が使えないため毎日の利用、1歳児になって延長保育が利用できるようになり19時15分まで延長できるようになったので週1の利用にしました。週1の利用は定期利用をすることで、スポット時の保険をかけているということです。また、妻の会社の打ち合わせが週1で遅くまであるのでというところも有ります。

保育園に預けて月10万円もシッターに払うというところで意見があると思いますが、当時勤務していた会社の福利厚生で家事代行・シッター利用については月額の半額補助が出ていたので、実際には約半分くらいしか払っていません。

■ベビーシッター・家事代行を頼んで悪かったところ

結局は家事のクオリティのところだと思います。

例えば夫の家事が甘いとかそういう話が良く話題に上がりますが、多分それと同じで、お金を払っているんだから的なところで期待値が上がります。その期待値との差がクオリティというところで良くないなぁと思ってしまうことが有りました。

精神的にそこを納得できるか?ではないでしょうか?

我が家は家事のクオリティよりも、子供のお迎えに重点を置いていましたので、ご飯を作ってくれて掃除をしてくれるは、おまけだと思っていました。

■まとめ

下の子が小学生になりましたが、引き続き家事代行・シッターを週1回使っていきます。今度は家事メインでお願いしています。

6年も同じシッターさんが来てくれているので、子供たちからするとおばあちゃんみたいな感じで、接しています。そういう意味で、子供たちに関わる大人が増えるのは良かったなぁと思います。

また、家事代行・シッターを頼むことでの定時に追われてキリキリするという精神的ストレスが軽減出来たのはすごい良かったです。下の子が小学校に上がり、19時15分までにお迎えに行かなくていい時間的区切りがなくなって数日立ちますが、区切りがないだけでこんなに楽なのか?というところを改めて実感しました。

費用的なところが有りますが、会社や自治体によってはシッター補助を出すところがあるので、その辺りも確認して家事代行・シッターサービスを利用してみてはいかがでしょうか?

ピックアップ記事

  1. 子供を休ませて意識の高い系に連れて行くことの是非
  2. 子供が京都に行きたいと駄々をこねたときの対処法
  3. 仕事と子育てを両立するという事
  4. 家事代行・ベビーシッターを6年利用してみて良かったこと・悪かったこと
  5. 中学受験終了。6年間の思い出を1ヶ月半に凝縮する子供たち

関連記事

  1. 怒られる

    子育て

    叱る子育てから褒める子育てに変えてみませんか?

    初めて子供ができて喜んだ日。そして子供が生まれて喜んだ日。最初のうちは…

  2. 美術館

    子育て

    子供を休ませて意識の高い系に連れて行くことの是非

    昨日流れてきたやつ公立の小学校って、どのくらい欠席してもいいのかな…

  3. 薄毛

    子育て

    薄毛を気にするアラフォーこそ毎月美容室で髪を切ったほうがいい理由

    ネットサーフィン(死語)をしていたら男性が美容院に行くことにつ…

  4. PTA室

    子育て

    なぜ父親はくだらない集まりに1年間学級代表と学年副代表として参加したか?~父親のPTA参加~

    3月から4月にかけて、様々なメディアでPTA批判やPTAのネタで炎上し…

  5. ランドセル

    子育て

    小1の壁が乗り越えにくい 3つの理由

    最近、子育て系のメディアで小1の壁や学童保育の問題がいろいろ取り上げら…

  6. 本

    子育て

    そこが知りたい!子育てと英語教育:英語の耳の育て方

    将来英語を使う仕事に就くかどうかは本人にもわからないことではありますが…

PR

この記事を読んだ人はこちらも読んでます

  1. 内申書にまつわる怪情報?親のPTA参加まで強要?部活加点が闇…
  2. 子育て支援センターとは
  3. 子育ての大変さがすっと楽になった一言とは
  4. 父親を子育てに参加させる方法
  5. 仕事と子育てを両立するという事
  1. パパのための情報サイト

    働き方

    子育ての大変さがすっと楽になった一言とは
  2. ママの悩み

    内申書

    内申書にまつわる怪情報?親のPTA参加まで強要?部活加点が闇?先ず一次情報に当た…
  3. おむつ

    子育て

    子育て支援センターとは
  4. 働き方

    働き方

    仕事と子育てを両立するという事
  5. ベビーシッター

    働き方

    家事代行・ベビーシッターを6年利用してみて良かったこと・悪かったこと
PAGE TOP