おむつ

子育て

おむつ替え必須の子育てで子育てに役立つ便利アイテムの臭い取り袋

赤ちゃんを育てていくうえで必ず必要になるのは、おむつです。
布おむつを使用することも考えましたが、体力の消耗を考えて、布ではなく紙を使用することにしました。
小さなときほど頻繁に取り換えなくてはならないので大変ではありましたが、衛生的に保たつためにも仕方のないことです。
どうしても使用後のおむつは臭いますので、取り換えたらベランダに出しているゴミ箱に捨てに行く事にしました。
そうすることで部屋の中には臭いがこもらなくてすみます。
子育てをしていると、季節が変わるのもあっという間ですが、冬になるにつれでベランダのゴミ箱に捨てに行くのが苦痛になってきたのです。
あまりの寒さに一日に何度も外に出るのは辛すぎました。
特に夜中のおむつ替えの時には、凍り付きそうな寒さでしたので、外に出しに行くのは苦痛で仕方なかったのです。
寒さに耐えられずにトイレにゴミ箱を設置するようにし、そこに捨てるようにしましたが、やはり気になったのは臭いです。
トイレの中が臭いで充満するようになったので、臭い取り袋に入れて捨てることにしたのです。
臭い取り袋は百枚程度入って数百円で販売されていましたので、経済的です。
値段もお手頃でしたので経済的ではありましたが、それでも捨てるものにお金を支払うのはもったいないという気持ちはありました。
しかし数百円の出費で臭いから解放されるのであればその方がいいですし、また暖かくなればベランダに捨てるようにすればいいと考え、今だけだと割り切ることにしたのです。
おむつを替えて臭い取り袋に入れて、トイレに設置した蓋つきのゴミ箱に入れることによって、一気に臭いは軽減されたました。
全く臭いがしなかったかといえばそんなことはありませんが、大幅に臭いを軽減できたので、トイレも使用しやすくなりました。
そのおかげで誰かを家に招いたときにトイレをかして欲しいと言われたときにも恥ずかしい思いをすることもなく使用してもらえましたのでよかったです。

ピックアップ記事

  1. 新入学!子供にスマホをもたせても良いの?
  2. 内申書にまつわる怪情報?親のPTA参加まで強要?部活加点が闇?先ず一次情報に当た…
  3. なぜ父親はくだらない集まりに1年間学級代表と学年副代表として参加したか?~父親の…
  4. 子供を休ませて意識の高い系に連れて行くことの是非
  5. 家事代行・ベビーシッターを6年利用してみて良かったこと・悪かったこと

関連記事

  1. 学校とPTA

    子育て

    PTAのお得なメリットと繋がることによる疲れ

    PTA記事で、私が密かに大ファンな、大塚さんが他メディアで、よくぞ言っ…

  2. パパと子

    子育て

    父親を子育てに参加させる方法

    子育てに父親が参加するメリットはたくさんあります。子供と父親の距離…

  3. 本

    子育て

    そこが知りたい!子育てと英語教育:英語の耳の育て方

    将来英語を使う仕事に就くかどうかは本人にもわからないことではありますが…

  4. ベビーシッター

    働き方

    家事代行・ベビーシッターを6年利用してみて良かったこと・悪かったこと

    2009年の春から、家事代行・ベビーシッターを使い出して6年経過しまし…

  5. 美術館

    子育て

    子供を休ませて意識の高い系に連れて行くことの是非

    昨日流れてきたやつ公立の小学校って、どのくらい欠席してもいいのかな…

  6. 薄毛

    子育て

    薄毛を気にするアラフォーこそ毎月美容室で髪を切ったほうがいい理由

    ネットサーフィン(死語)をしていたら男性が美容院に行くことにつ…

PR

この記事を読んだ人はこちらも読んでます

  1. 内申書にまつわる怪情報?親のPTA参加まで強要?部活加点が闇…
  2. 子育て支援センターとは
  3. 子育ての大変さがすっと楽になった一言とは
  4. 父親を子育てに参加させる方法
  5. 仕事と子育てを両立するという事
  1. ベビーシッター

    働き方

    家事代行・ベビーシッターを6年利用してみて良かったこと・悪かったこと
  2. ママの悩み

    子育て

    子育てが嫌いなわけじゃないのに、なぜイライラするのでしょうか?
  3. ママの悩み

    内申書

    内申書にまつわる怪情報?親のPTA参加まで強要?部活加点が闇?先ず一次情報に当た…
  4. PTA室

    子育て

    なぜ父親はくだらない集まりに1年間学級代表と学年副代表として参加したか?~父親の…
  5. 働き方

    働き方

    仕事と子育てを両立するという事
PAGE TOP