働き方

働き方

仕事と子育てを両立するという事

夫の給料だけで生活をし、妻は子育てを頑張るというのが、子供が小さい時には理想的なことなのかもしれません。
しかし我が家の経済状況であれば、そんなことばかりもいっていられませんでした。
貯金がないまま結婚をして、子供を授かるまでは共働きでしたが、その間にできた貯金もそれほどなかったからです。
出産をしても働き続けたかったのですが、現実的に難しい状況でした。
お客様第一の仕事だったため、お客様と約束をしている日には、必ず出勤をしなくてはなりません。
そんな時に子供が体調を壊しても休むことが出来ませんでしたので、仕事を続けていく事は出来なかったのです。
泣く泣く仕事を辞めることになりましたが、わずかばかりの貯金も、あっという間に底をつきそうな状況でした。
出産を終えて子育てをしている間に何とか早く両立できる仕事を見つけるしかないと考え、必死で探しました。
そこで見つけたのが、夜間の掃除のアルバイトです。
ほんの数時間程度でしたので、夫が帰ってきてからでも働くことが出来ると考えました。
実際に働いてみると、夫が帰ってきて一緒に夕飯を食べ後片付けをし、子供を寝かしつけてから働きに行くことが出来ましたので、時間帯的には全く問題がなかったです。
しかし問題があったのは私の体力面でした。
ほんの数時間だから問題ないだろうと、週に5日程度出勤するようにしていたのですが、体が悲鳴を上げることになったのです。
思った以上に仕事はハードで、たびたび体調を壊すようになり、月に一度のペースで高熱が出るようになっていました。
さすがにこのままではまずいと考えて、出勤日を減らしてもらうように交渉をすることによって、体調は壊さなくなっていったのです。
子育てと仕事を両立させるのは楽なことではありません。
いきなりハードに働こうと考えるのではなく、無理をしない程度から始めるようにし、体調と相談しながら出勤日を増やしていく方がいいと感じました。

 

ピックアップ記事

  1. 子育てが嫌いなわけじゃないのに、なぜイライラするのでしょうか?
  2. PTAのお得なメリットと繋がることによる疲れ
  3. 御三家!愛育病院に関する都市伝説
  4. 子供が京都に行きたいと駄々をこねたときの対処法
  5. 小1の壁が乗り越えにくい 3つの理由

関連記事

  1. ランドセル

    働き方

    中学受験終了。6年間の思い出を1ヶ月半に凝縮する子供たち

    今年の中学受験シーズンが終わりました。たまたま文京区在住の小学6年生に…

  2. パパのための情報サイト

    働き方

    子育ての大変さがすっと楽になった一言とは

    私は4歳の子供を持つ父親です。この不景気の時代にあって夫婦共働きという…

  3. ベビーシッター

    働き方

    家事代行・ベビーシッターを6年利用してみて良かったこと・悪かったこと

    2009年の春から、家事代行・ベビーシッターを使い出して6年経過しまし…

PR

この記事を読んだ人はこちらも読んでます

  1. 内申書にまつわる怪情報?親のPTA参加まで強要?部活加点が闇…
  2. 子育て支援センターとは
  3. 子育ての大変さがすっと楽になった一言とは
  4. 父親を子育てに参加させる方法
  5. 仕事と子育てを両立するという事
  1. ベビーシッター

    働き方

    家事代行・ベビーシッターを6年利用してみて良かったこと・悪かったこと
  2. ママの悩み

    内申書

    内申書にまつわる怪情報?親のPTA参加まで強要?部活加点が闇?先ず一次情報に当た…
  3. パパのための情報サイト

    働き方

    子育ての大変さがすっと楽になった一言とは
  4. パパと子

    子育て

    父親を子育てに参加させる方法
  5. おむつ

    子育て

    子育て支援センターとは
PAGE TOP